約1年間感染者ゼロ!その方法とは・・・?

コロナウイルスの発生から流行まで、2020年は大変な1年でした。2021年になりましたが、まだまだ落ち着く兆しは見えません。感染予防が叫ばれる中、消毒についての情報は各メディアでも多く取り上げられていますが。ですが、どれが確実で効果のある方法なのか正直わかりませんよね・・・。そこで今回は私の職場で感染者がこの約1年間でゼロに抑えることができた方法を紹介します!
その方法は、次亜塩素酸を使った方法です!
私の職場はコロナ禍の中でもテレワークとは無縁の業種でした。さらにお客様の出入りも頻繁にあるため感染予防には気を遣っていました。そんな私の会社が使っていたのが次亜塩素酸でした。
「アルコールじゃダメなの?」とおっしゃる方もいるかと思いますが、もちろんアルコールも無意味ではないです。お客様がいらっしゃった際には手指のアルコールは必ずしてもらっていました。次亜塩素酸の出番、それは椅子や机など人体以外の部分です。濡らした雑巾に次亜塩素酸を霧吹きでスプレー。お客様が使うもの、触る場所は階段の手すりからトイレのレバーまで拭いて回りました。
その結果、会社の県内で感染者が出て以降の1年間で会社内の感染者はゼロ!もちろんお客様の濃厚接触者になってしまう事もありませんでした!
次亜塩素酸はコロナウイルスの流行に伴い、ドラッグストア等でも購入が可能になっています。皆さんの同僚や家族を守るために次亜塩素酸の使用をオススメしますよ!
肌荒れをしないようビニール手袋を用意するのもお忘れなく!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です