コロナ禍での消毒?除菌

コロナウイルスが蔓延して、誰もが消毒や除菌を今までになく意識するようになりました。買い物をするときも、店に入るとき、出るとき、必ずアルコールスプレーで消毒します。立て続けに他の店に行くとき、そこでも入店するときアルコールスプレーで消毒します。大きな店舗だと店内何箇所にもアルコールスプレーが設置されているので、そのたびにアルコールスプレーを使います。アルコールスプレーを目にしたら、必ず除菌、消毒しないといけないと脅迫観念のようになっているのかもしれません。
当然、自宅に帰ってからも入念な手洗いをします。一日というより、数時間のうちに何度も除菌、消毒を繰り返していくので、必然的に手はカサカサで、爪まわりは逆剥けのような状態になりました。それでもコロナウイルスが怖いので、またアルコールスプレーを使うという状況を繰り返していたら、そのアルコールスプレーがキズ口にしみて痛くて悪化してしまいました。
きっとコロナ禍のこの一年誰もが経験されたことだと思いますが、どうやってこの悪循環を止めたらいいのか悩みました。しみるからアルコールスプレーを使わないようにすると、コロナウイルスに感染するのが怖いし、アルコールスプレーを使い続けるとキズは痛むし…他の人たちがどうしておられるのか、ネットで検索したりもしました。
なかなかこれといった解決策は見つけられませんでしたが、いろんな工夫をされている意見を見て、自分なりに取り入れられるものは取り入れていきました。寝る前にたっぷりめに保湿クリームを塗ったり、アルコールスプレーを見かけるたびに、たとえ2,3分まえに除菌したのに使うというようなことがないように意識したり…
まだまだカサカサ感がある手ですが、一時期よりは改善されたと思います。